FC2ブログ

投資の市場環境と今後の株価・為替の行方





投資とは利益を得る目的で、資金を証券市場や事業体に投入することを言います。

昨今のアメリカから端を発した金融不安定が世界中の景気にまで影響を与え、各国の通貨は元より 株式の暴落を引き起こしました。
日本も同様に、その影響で株価暴落、実力を超えた円高による企業利益圧迫などで、不景気をあお りつつあります。

このような背景の中で投資を行うことは、大変危険なことのように感じますが、株価で例えれば 周期的にみて、底をついた感があります。暫くはもみ合いが続くでしょうが、底上げ方向に進むの は時間の問題ではないかと思われます。
一方、アメリカの過大ドル売りのために、円高は現在の日本の実力以上に推移しておりますが、ア メリカを中心に、景気が回復の兆しが見え始めると、円安方向に進む可能性は充分あります。
投資家にとって、現在の土壌は決して悲観したものではなく、投資家にとっては、大きなチャンス 到来と見る向きも少なくありません。
株式による株売買、投資信託、日経225や225mini、外貨投資による外国通貨の利用、為替差 益にからむFX投資などの投資展開など、目が離せなくなることでしょう。
ここ暫くはじっと辛抱し、上昇するその時期を待ちましょう。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上海の金先物相場扱いの体験談です

金先物相場扱いにおいては2008年1月9日、中国初の金先物相場扱いが上海にて上場しました。
上海金先物相場扱いは非常に幸先よくスタートを切ったと言えるでしょう。
それは、金融や資本市場整備を一環したことで、金先物相場扱いが変動したからです。
中国の製造業の金消費量は、世界の9.2パーセントを占めており、今後の上海金先物相場扱いの動向が期待されます。
上海先物取引所においては、亜鉛や菜種油などの銘柄も昨年上場されています。
現物の金先物相場扱いのリスクを軽減するため、投資家たちや生産者に提供できることを実現可能にしました。
まだ、金先物相場扱いの市場自体は小さいので、投機マネーの流入が金先物相場扱いの動きに大きな影響を与えると予想されています。

金先物相場扱い上海先物取引所では、銅、アルミニウム、亜鉛に続いて金属先物上場になります。
取引単位は1kgなのですが、金先物相場扱いでは、中国元建てによって取引されています。
こうした背景から、価格変動のリスクを回避するため、当局では上海金先物相場扱い上場をあらかじめ認可していました。
東京工業品取引所の金先物相場扱いの金も1キロ単位となっています。
そうした意味で金先物相場扱い市場の基本的な条件は整っていると評価されています。
実際にも、中国の金の消費量は年々増加の一途をたどっており、金先物相場扱いよりもさらに拡大していく可能性を秘めています。
今回の金先物相場扱い上場は、非常に値動きが激しくなっています。

リンクサイト
最新記事
投資方法

カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。