投資の市場環境と今後の株価・為替の行方





投資とは利益を得る目的で、資金を証券市場や事業体に投入することを言います。

昨今のアメリカから端を発した金融不安定が世界中の景気にまで影響を与え、各国の通貨は元より 株式の暴落を引き起こしました。
日本も同様に、その影響で株価暴落、実力を超えた円高による企業利益圧迫などで、不景気をあお りつつあります。

このような背景の中で投資を行うことは、大変危険なことのように感じますが、株価で例えれば 周期的にみて、底をついた感があります。暫くはもみ合いが続くでしょうが、底上げ方向に進むの は時間の問題ではないかと思われます。
一方、アメリカの過大ドル売りのために、円高は現在の日本の実力以上に推移しておりますが、ア メリカを中心に、景気が回復の兆しが見え始めると、円安方向に進む可能性は充分あります。
投資家にとって、現在の土壌は決して悲観したものではなく、投資家にとっては、大きなチャンス 到来と見る向きも少なくありません。
株式による株売買、投資信託、日経225や225mini、外貨投資による外国通貨の利用、為替差 益にからむFX投資などの投資展開など、目が離せなくなることでしょう。
ここ暫くはじっと辛抱し、上昇するその時期を待ちましょう。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

インド投資信託の海外品オープンは人気です

しかし、インド市場全体の値上がり基調が落ち着いてくると、パフォーマンスも下がるので、まだまだ分散投資型のインド投資信託の海外品オープンにも期待が高まります。
最近では、10パーセントリターンを実現しているインド投資信託の海外品オープンの実力があるほどです。
インドのような発展途上国では、色んな分野の経済が発達するため、インド投資信託の海外品オープンにおいて、大きなリターンが期待できるようになっているのです。
しかし、直接インド株を投資するなら、インド投資信託の海外品オープンが主流、中心になりそうです。
インド株に投資するなら、やはりインド投資信託の海外品オープンがお勧めです。
インド株のみで構成されるインド投資信託の海外品は日本では初めてです。
あるいは、ADRなどの預託証券を購入するのもよいかもしれません。
パフォーマンスも非常に高く、109パーセントを大きく上回っている状況です。
ただ、分散投資を行う場合は、手数料が高くなるという点が、インド投資信託の海外品オープンの弱みかもしれません。
またHSBCインドオープンは、ファミリーファンド方式で、HSBCインドマザーファンドに投資運用されるものです。
2005年にはインド投資信託の海外品オープンは、なんと16パーセントものリターンを達成しています。
また、中国市場に比較するとインド市場は依然バブルと呼べる状況でないので、インド投資信託の海外品オープンへの投資もよく検討するといいでしょう。

リンクサイト
最新記事
投資方法

カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。