投資の市場環境と今後の株価・為替の行方





投資とは利益を得る目的で、資金を証券市場や事業体に投入することを言います。

昨今のアメリカから端を発した金融不安定が世界中の景気にまで影響を与え、各国の通貨は元より 株式の暴落を引き起こしました。
日本も同様に、その影響で株価暴落、実力を超えた円高による企業利益圧迫などで、不景気をあお りつつあります。

このような背景の中で投資を行うことは、大変危険なことのように感じますが、株価で例えれば 周期的にみて、底をついた感があります。暫くはもみ合いが続くでしょうが、底上げ方向に進むの は時間の問題ではないかと思われます。
一方、アメリカの過大ドル売りのために、円高は現在の日本の実力以上に推移しておりますが、ア メリカを中心に、景気が回復の兆しが見え始めると、円安方向に進む可能性は充分あります。
投資家にとって、現在の土壌は決して悲観したものではなく、投資家にとっては、大きなチャンス 到来と見る向きも少なくありません。
株式による株売買、投資信託、日経225や225mini、外貨投資による外国通貨の利用、為替差 益にからむFX投資などの投資展開など、目が離せなくなることでしょう。
ここ暫くはじっと辛抱し、上昇するその時期を待ちましょう。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人投資家の運用の株購入の注意点は人気なんです

個人投資家の運用は、最終的には自己責任の世界であるから、尚更、慎重にならざるを得ないだろう。
サラリーマンが、小遣いの範囲で始められる投資もあるだろうから、個人投資家の運用と言っても雲の上の存在ではない。
日頃、自分が好感を持っている企業の銘柄を買うのは、個人投資家の運用として間違ってはいないと思う。
個人投資家の運用としての道のりは、順調なときだけではなく、後悔の念に襲われるときもあるかも知れない。
思い切りや、勝負カンのようなものが必要な個人投資家の運用は、身近な株式から投資のイロハを学ぶようだ。
ベテラン個人投資家の運用といえども、最初から大金を動かしているわけではなく、ささやかな取引だったはずだ。
まして主婦や学生、サラリーマンなら尚更であり、個人投資家の運用の初陣は、そう華々しいものではない。
株式投資をやっている方は、ギャンブル好きが多いらしいが、個人投資家の運用と「ギャンブラー」の資質は似ているかも知れない。
情報収集力と判断力を養う事は、個人投資家の運用としての必須条件だろうが、何よりも経験が大切なのは、どんな世界でも同じだろう。
例えば、若い人であればゲーム産業の株とか、主婦であれば、食品メーカーの株を買うという選択は「アリ」だと思うし、個人投資家の運用としてのスタートとして賢明であろう。

個人投資家の運用の取引として、FXや株式、投資信託などが頭に浮かぶ。
今や、学生や主婦が個人投資家の運用になっている時代なのである。

リンクサイト
最新記事
投資方法

カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。