投資の市場環境と今後の株価・為替の行方





投資とは利益を得る目的で、資金を証券市場や事業体に投入することを言います。

昨今のアメリカから端を発した金融不安定が世界中の景気にまで影響を与え、各国の通貨は元より 株式の暴落を引き起こしました。
日本も同様に、その影響で株価暴落、実力を超えた円高による企業利益圧迫などで、不景気をあお りつつあります。

このような背景の中で投資を行うことは、大変危険なことのように感じますが、株価で例えれば 周期的にみて、底をついた感があります。暫くはもみ合いが続くでしょうが、底上げ方向に進むの は時間の問題ではないかと思われます。
一方、アメリカの過大ドル売りのために、円高は現在の日本の実力以上に推移しておりますが、ア メリカを中心に、景気が回復の兆しが見え始めると、円安方向に進む可能性は充分あります。
投資家にとって、現在の土壌は決して悲観したものではなく、投資家にとっては、大きなチャンス 到来と見る向きも少なくありません。
株式による株売買、投資信託、日経225や225mini、外貨投資による外国通貨の利用、為替差 益にからむFX投資などの投資展開など、目が離せなくなることでしょう。
ここ暫くはじっと辛抱し、上昇するその時期を待ちましょう。






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

個人投資家の運用とはの経験談です

若い人の中には、ゲーム感覚でパソコンの前に座り、株の「デイトレード」でかなりの額を取引して、大儲けしている人がいるが、こういう人達も個人投資家の運用と言って良いだろう。
「投資」と聞いて、すぐに連想されるのは「株式投資」であろうが、個人投資家の運用が先ず、動向を見るのは株式であろう事は間違いなかろう。
極端に言えば、あなたも明日から個人投資家の運用になれるのである。
個人投資家の運用は、「機関投資家」である金融機関に、投資を委ねるという図式だが、最期に責任を取るのは、個人投資家の運用であるという事実は確認しておきたい。
昔は、「相場師」と言われていた個人投資家の運用だが、現在は随分と市民権を得たようだ。
これから、会社経営や株式、取引を考えている方は、個人投資家の運用の取引やその仕組みも熟知しておいた方が良いかもしれない。
個人投資家の運用または「相場師」、或いは「トレーダー」と呼称は沢山あるが、共通しているのは、「相場や株などの取引で、利益を得る人」と言うことになろう。
パソコンや携帯電話でネットに接続し、オンライントレードで株などを売買する個人投資家の運用が、かなり増えてきているようだ。
インターネットの普及に伴って、個人投資家の運用の取引は随分と敷居は低くなってきた。

個人投資家の運用の初心者が、先ず始められるのは、株式の「オンライントレード」あたりで、海外取引や先物取引などは、その道のプロでなければ、迂闊に手を出してはいけない。
先ずは、お小遣いの範囲で出来る取引に絞って、個人投資家の運用デビューをしていただきたい。
今後、さらに増えていく一般人の個人投資家の運用は、見逃せない存在になるであろう。
口座開設の簡便化や、手数料の引き下げに後押しされて、個人投資家の運用の取引額は、相当な勢いで伸びているらしい。

リンクサイト
最新記事
投資方法

カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。